お城表紙へ
トピックス
表記について
蝦夷地
東山道
北陸道 /
東海道
畿内
山陰道
山陽道
南海道
西海道
琉球
既訪城郭一覧
メールを出す
貴殿は平成九年一月十日からcounter人目の客人で候。
しばらくお待ちください。古代行政区分で区分した日本地図が出ます。それぞれの区分名をクリックすればその区分にあるお城一覧に飛ぶことができます。
おすすめの城<No.7>

松江城(近世・平山城)

請上手と言われた堀尾吉晴が築城した名城。小高い丘を城地として周囲に内堀をめぐらした典型的な平山城で、市内には外堀もほとんど残る。高さ30m、五層六階の天守は、桃山風の望楼式複合天守で、武骨で実戦本位の造りである。

た、本丸塁上には乾櫓・鉄砲櫓など六基が上がり、一段低い南側は二の丸として壮大な御殿と月見櫓・太鼓櫓など五基が上がった(一部復元済み)という。

きく綺麗な天守閣がもてはやされる中で、物足りないという方もいるかもしれない。ただこの城は本来古風で、無骨なはずの城の姿を総構えとして堪能できる非常に貴重な遺構なのである。


城って何だと思います?

で、日本にはどれくらい城があるの?

このページはどういうページなの?

城=天守閣?いいえ、そうではありません。

天守閣は城の一部であり、逆に天守閣がなくても立派な城です。歴史的に、城は戦闘用の砦として始まり、権力の象徴として、政治の中心地として、発展してきました。

象徴、政治の場として天守閣が果たした役割って大きいんだろうと思います。だからそういうイメージにつながってるんでしょうね。

記録に残っている日本の城はなんと二万五千にも達すると言われています。

その中には、天守閣を備えた立派な城もあれば、柵で囲っただけの砦もあります。江戸時代の末期にはすでにその数は200を切り、その内天守閣があった城は70程しかなかったのです。

その中で、現在も残っているのはたったの12。「えー、もっとたくさんあるよ」と言うのもごもっとも。でも古くからの形をとどめているのはそれだけで、あとは復元、復興等後から建てられた物なんです。

ということで、とにかく日本のお城のことならこのページを見ろ!というページを目指し、全国の城を網羅したデータベースを始め、お城に関する知識なども盛り込んだホームページです。

ぼーっとお城の写真を眺めるもよし、じっくりとお城についての知識を深めるもよし、旅行先のお城の情報を集めるもよし、いろんな人に使っていただきたいと思っています。

ページC&Mホームページロゴ

お城トップページ   |   トピックス   |   データベースの歩き方   |   読み替え   |   既訪城郭一覧   |   掲示板

蝦夷地   |   東山道   |   北陸道   |   東海道   |   畿内   |   山陰道   |   山陽道   |   南海道   |   西海道   |   琉球

All produced by K.Sugiura