蝦夷of日本のお城

蝦夷地(Yahoo!北海道

城名

由来・遺構・エピソードなど

桂ヶ岡チャシ(網走) 1000以上あるチャシの中でも内部に北筒式土器などが出土する集落を伴い、国指定史跡に指定されている。ニクル丘陵上にあり、大小2つの長円形、鏡餅状の郭が構築され、竪穴住居跡があり、貝塚もある。
シベチャリチャシ(静内) 1669年のシャクシャインの乱での居城となる。松前藩は武力強化を恐れ、シャクシャインを誘殺。その後チャシ一帯は藩兵と反乱兵との修羅場と化した。
白老チャシ
ハシナウシチャシ(室蘭) ハシナウシ岬にあり、空堀を隔てて南北に2つの郭が相対し、南の郭は長さ73メートル、深さ1.5メートル。
モシリヤチャシ(釧路) 長径170,短径70メートルの楕円形をしていて内外2つの郭に分かれる。内郭は円形の丘を二つ重ねた形状をしていて、外郭には竪穴式住居がある。
鶴ヶ岱チャランケチャシ(釧路) 春採湖中に半島状に突出した小規模のチャシで、空堀を巡らし、上部は二段に築かれ、船着き場がある。
キウスチャシ かつて環状の土塁を巡らした5個の円形チャシがあり、3個と2個が連続しており、チャシの直径は30〜60メートルほどであったが、現在は破壊された。
神居古潭チャシ 半円形の直径20メートルほどのチャシ。竪穴住居跡があったが破壊されたものもある。
上ノ国城
大館城
志海苔城(C)
松前城

近世
平山城
〈本丸御門〉
蠣崎慶広は1590年に安東氏支配を脱し、豊臣直臣大名となると共に松前氏を称した。1600年に築城を開始、1606年には一応の完成を見る。しかしこの城は1849年に廃され、対ロシアに備えて本格的城郭にするよう幕命を受け、藩主崇広は日本最後の和式築城で階郭式の城郭を築き、砲座、台場要塞も配した。天守は昭和21年まで残存し、現在復元されている。
函館見聞
四稜郭(D) 五稜郭を巡る稜堡要塞群の一つ。大島圭介の設計と言われる。その名の通り、70×27メートルの四辺形で、四隅の堡頭が出っ張る形で虎口は南方に小桝形で形成される。岡山・徳山両藩兵の攻撃で陥落。
五稜郭(C)
近世
平城
1854年神奈川条約により函館開港となり、幕府は亀田塁としてパリ城塞都市に倣った築城を起こした。工事は1864年に一応完成する。榎本孝明が蝦夷共和国を宣言したのもこの城であるが、稜堡であるにもかかわらず、日本式の壮大な主殿を作り、司令部としたため、この巨大な木造建築に放火が集中、落城を早めることとなった。
五稜郭タワーのページ
HINET
夏休みを利用して、北海道旅行に出かける。この日は函館を経由して松前城に行って、その後五稜郭に行く予定だったのだが、北海道は思った以上に広く、松前に行く時間がなくなってしまったのだ。
しかし五稜郭って、お城というよりは近代的な基地というようなイメージを持っていたのだが、とんでもない。江戸時代に作られたものであることは間違いなく、疑いようもない城そのもの。大きな本丸があり、内堀を星型に作ったという感じ。形は近代的なだけに、前近代的な石垣が非常にミスマッチで面白かった。というか、五稜郭タワーにも登って眺めてみたのだが、どうしても星型の意味が理解できない。文献を調べてみよう!(H12.9.3)
戸切地
弁天岬

ページC&Mホームページロゴ

目次へ戻る

お城トップページ   |   トピックス   |   データベースの歩き方   |   読み替え   |   既訪城郭一覧   |   掲示板

蝦夷地   |   東山道   |   北陸道   |   東海道   |   畿内   |   山陰道   |   山陽道   |   南海道   |   西海道   |   琉球

All produced by K.Sugiura