平成19年度総会―3




朗読を楽しむ




お話 「朗読あれこれ」 あさいあい・北山たか子
本を黙読することに比べ、音読することで脳の前頭前野は数段活発に働いている(川島隆太博士)。朗読の脳活性化作用が話題になっています。長年朗読の指導を持つあさいあい氏(グループ汐の指導者)、北山たか子氏(芦屋カルチャーセンター指導)に、声のいろいろ、朗読のいろいろなど実演と共に、朗読の面白さを披露していただきました。






朗読劇 「猫と庄造と二人のおんな」
一匹の猫を溺愛する男と、猫に嫉妬し追い出そうとする女と、男への未練から猫を引き取って男の心をつなぎとめようとする女が繰り広げる人間の痴態を風刺的に描いた作品。
原作:谷崎潤一郎
演出・構成:あさいあい
出演:朗読グループRST
神業の朗読の技術に圧倒され、シーンと聞き入り、終わると盛んな拍手が沸きました。
あさいあい
佐保会大阪支部の朗読同好会「グループ汐」を20年指導。
俳優座養成所出身、仲代達也・市原悦子らとともに学ぶ。その後、朝日放送劇団を経てフリーになる。ラジオ・テレビに出演。現在は朗読指導、舞台の構成、演出を行っている。
朗読グループRST
朝日放送で仕事をした元アナウンサー、元放送劇団の有志が集まり作っている朗読研究グループ。