平成13年度総会ー3



クリックすると、拡大写真が


講師
昇 幹夫先生
「元気で長生きPPKのコツ」
参加者の顔には自然と笑みが・・・
「PPK」とは、ピン、ピン、コロリの略です。人間の体内では、毎日5000個のが
ん細胞ができます。そして、その1個のがん細胞が、早期ガンといわれる1cm、
1gの大きさになるには約10年もかかると言われています。このがん細胞を処理
してくれるのが、ナチュラル・キラー(NK)細胞ですが、この免疫システムの働きは
年齢と共に低下していきます。がんが増えてきたのは、日本人が長生きをするよ
うになってきたからだといえるでしょう。この免疫系は、ストレスをためないようにし、
前向きに生き甲斐を持って生きることで活性化します。特に、「笑う」ということ
は、ストレスホルモンを減少させるそうです。これからの人生、笑顔でいつも明る
く楽しく過ごしていきたいですね。

さからわず
 いつもニコニコ したがわず
この言葉で、お話は締めくくられました。とてもユニークなお話でしたので、場内
は、笑い声と共にステキな笑顔でいっぱいになっていました。

昇 幹夫 先生のプロフィール
1947年、鹿児島県生まれ。
笑顔がクスリ
保健同人社 ¥1,350+税

九州大学医学部卒業。専門は、麻酔科・婦
人科。

大阪市や半田市で産婦人科診療も行いなが
ら、「日本笑い学会」副会長として笑いの医学
的効用を研究。前向きな楽しい極楽トンボの
生き方が高齢社会をダイヤモンドエイジにする
長生きの秘訣と説き、現在は「元気で長生き
研究所」所長として全国を講演活動中の自称
『健康法師』。

97年夏、ガン患者15名とともにモンブラン山麓
トレッキングツアーに参加し「生きてる」という実
感のある生き方とは何かをともに考えた。

2000年8月22日がん克服日米合同富士
山登山に参加し生きがいを持って生きることが
闘病にどんなに役立つかを広く社会に訴えた。

NHKラジオ深夜便で「笑いは心の絆」と題して放送、98年10月には「おもいっき
りテレビ」にも出演。笑うことは健康にいいことを実験で証明した。
ホームページ
http://homepage2.nifty.com/smilenobori/